The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
癸生川探偵事件簿 泣かない依頼人
2008-07-10 Thu 16:33

元気モバイルで配信されているアドベンチャーゲーム、癸生川探偵事件簿の第11弾。脚本が生王正生こと石山貴也さんから、十六夜彩子氏に代わって2作目の作品。


これがやれるだけでもドコモに出戻ってよかった、そう思います。


前作の「あねの壁」が十六夜彩子を主役にしたもので、シナリオの短さ・薄さもさることながら今までのメインキャラを殆ど出さないというコンセプトが完全に裏目に出た凡作でしたが、今回は割り切ったのか従来の癸生川・イクルミン・伊綱を主軸に据えた骨太ミステリー。

適切な難易度、ランク制の復活、適度なプレイ時間、常連のキャラクターを違和感なく掴んでいる言い回し、そして癸生川イズムを受け継いだ「テーマ」の継承。更にはシリーズ御馴染みの身も蓋も無い後味の悪い終わり方w

システムも実に快適。強いて難癖を付けるならあの独特の呼び出し会話システムに関しての説明が一切無いところがこれから入った初心者にはちょっと面食らわせるかも知れないけど、その程度。

そこが10点減点としても、100点満点の140点ですねwww
なんでこれが最初から出来ない!?という素晴らしい出来です。



今回のキーワードは、一言じゃ難しいですが
「おまじない」「愛されないネットアイドル」

ですか。
まああとひとつ付け加えるなら「穂高くん萌えw」ですかね?(謎




テーマは違いますが、十六夜彩子流の「仮面幻影殺人事件(第一作)」のように感じました。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類
| 雲居雁乃のゲーム日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。